税理士はどんな仕事をしているの?


税理士という仕事を聞いたことがある方も多いと思いますが、特に経営者は税理士との付き合いも多くあります。簡単に説明すると税理士とは税務の専門家です。日本では法人でも個人でも税金を納める義務がありますが、その税務に関わる仕事をするのが税理士です。では、具体的にどのような仕事があるのかについて説明します。

まず1つ目は税務代理です。個人や法人の中には税金の申告がよくわからないという方も多く、こういった方は税理士に依頼をして税務の代理をしてもらっています。主に税務代理は税金の申告をするために行う作業です。例えば法人なら決算申告が必要になりますが、代理を依頼すれば代行してもらえます。

また2つ目は申告書の作成です。納税する前に申告書の作成をすることが必要になりますが、例えば企業で経理部などがない場合には税理士に依頼をすることもあります。申告書の作成代行も税理士に依頼をすれば作ってくれるので、万が一知識がない方でも安心です。

このように、主に税理士は説明した2つの内容の業務を行っていますが、他にも様々な仕事を行っています。その中でも近年依頼をする人が多いのが会社設立の代行です。その名の通り株式会社にするための申請書の作成を代行したりします。税のことばかりではなく、会社設立の代行サービスもするなど幅広く活躍しています。

このサイトでは会社設立の代行サービスについて詳しく紹介するので、気になる方は参考にするといいでしょう。

Comments have been closed/disabled for this content.