税理士に会社設立代行をしてもらうメリット


会社設立は大まかに説明すると定款という書類を作成し、作成した定款を法務局に提出して登記すると株式会社を建てることができます。大まかに説明しましたがこれが意外と面倒な作業で手間がかかると言われています。しかし、税理士に依頼をすれば代行してくれるのでメリットが多いです。では具体的にどのようなメリットがあるのか依頼を検討している方のためにも紹介します。

まず1つ目は設立手数料を安くすることができるというメリットがあります。例えば司法書士の費用などが発生しない税理士も存在しており、その分安く済ませることが可能です。代行サービスを依頼すると多額の費用が必要なのではないかと思っている人もいますが、手間も省けますし、安く済むので代行サービスを依頼した方が得です。

また2つ目はサービスが会社設立の代行だけではないことです。例えば融資のサポートや設立後の税務の届出などあらゆるサポートをしてくれるので、経営者はビジネスに専念することができます。あらゆる負担を税理士がカバーしてくれるため魅力的です。

このように代行サービスを依頼した方が魅力的な部分は多いです。どちらか迷う方もいますが、納得して選ぶためにもメリットなども見ながら判断するといいでしょう。

Comments have been closed/disabled for this content.